トロッコ問題

みなさん、こんにちは!

インターンの浅井です!

今回のブログは、学校の倫理学の授業でやったトロッコ問題について紹介したいと思います!

トロッコ問題とはこういうものです!

まず前提として、以下のようなトラブル (a) が発生したものとする。

  • (a) 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。

そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。

  • (1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?

なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。あなたは道徳的に見て「許される」か、「許されない」かで答えるものとする。

(出典:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E5%95%8F%E9%A1%8C

「トロッコ問題 画像」の画像検索結果

(出典:https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20151029%2F68%2F6287828%2F41%2F300x158x43557f21264127c7a1dc2ac2.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

みなさんはどっちを選択するでしょうか?

「切り替える」を選択した方の理由で想定されるのは「多くの人が助かるから」です。

これは、倫理学でいうと、生存する人数を幸福量として、それが多い方を選択したとなります。

「切り替えない」を選択した方の理由で想定されるのは

「関わりたくないから」もしくは「人を自分の意思で轢かれさせたくないから」です。

実は、前者の理由は倫理学では認められていません!

なぜなら、倫理学は善を追求する学問なのに、

前者だと追求はせずに、放棄してしまっているからです!難しいですね~

後者の理由は倫理学では一人の人間の自由(人権)を守ったとなります。

どうですか?この難題に対するみなさんが納得のいく考え方は見つかりましたか?

みなさんに倫理学の端緒をみせたところで、もう一問紹介します!

毎年洪水で100人が亡くなってしまう、ある地域があります。

そこにダムを造れば、人が洪水で亡くなることは起こりません。

しかし、ダムを造ってしまうと、

その地域でしか咲かない花が絶滅してしまいます。

「ダム」の画像検索結果

(出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/78/Kurobe_Dam_survey_2.jpg

「花」の画像検索結果

(出典:https://minhana.net/shared/img/zukan/img_violet.jpg

さあ、みなさんはダムを造りますか?造りませんか?

ぜひ考えてみて下さい!

ここで余談です!

僕の倫理学の先生は、授業あとに感想レポート提出を義務づけています。

その内容が悪ければ捨ててしまうと宣言している大胆な先生です。(笑)

しかも、この感想レポートがあるかないかで出欠を取ってるそうなので、レポートが捨てられてしまったら欠席になってしまうというのです!

いやー、大変な授業をとってしまいましたー(笑)

みなさんの大学にもこんな感じで出欠とる先生いらしゃいますか?(笑)

では!またお会いしましょう!