ブログ初登場、スポーツ大好きジョーです!

posted in: インターンの日常 | 0

初めまして!インターンの條 靖哉(ジョウ セイヤ)です!

珍しい名前だね!ホストみたいだね!などなど名前に関しては90%くらいの確率で何かしらのリアクションをいただけています。笑

今となっては、会話の始まりになるので、この名前で良かったと思っています!「今となっては」ですが、、笑

気を取り直しまして、今回は初投稿となりますので、経歴など自己紹介と少しの小話とさせていただきますね!

 

條靖哉(ジョウ セイヤ) 23歳 宮城県出身

僕は、とにかくスポーツ大好き人間です!!!

3歳で水泳を習い始めてから、

小学の時には、水泳・サッカー・野球・ドッジボール

中学では、野球・陸上

高校、大学では、ハンドボール

と多くのスポーツを経験してきました!

経歴からも分かる通り、スポーツ馬鹿ですね。笑

そして、スポーツを「する」だけではなく、スポーツを「観る」のも大好きです!

特に宮城県出身ということで、ベガルタ仙台の大ファンで、今でも試合観戦に行くくらい大好きです!

 

皆さんもスポーツはお好きですか?

 

(ここからは、少しだけ真面目なお話に。)

僕は、大学を卒業し、現在バンタンスポーツアカデミーという専門的な学校に通っています。

通い始めた理由は単純で、「スポーツに関わる仕事がしたかったから」です。

「なんでスポーツに関わる仕事がしたいのか」

この理由も単純で、「スポーツが好きだから」です。

ただ、今振り返ると甘かったと感じる点があります。

それは、「スポーツとどう関わりたいのか

ここを考えきれていなかった点です。

 

今でも正直、明確な細かいビジョンまでは描けていませんが、それでも僕の中で決めた軸はあります。

それが、「スポーツを通して、世の中を幸せにすること」です。

スポーツにはたくさんの可能性があり、人を笑顔にしたり、感動させたりすることはもちろん、

社会問題の解決にもスポーツは役立つものだと考えています。

わかりやすい例でいうと、

アメリカのある女子サッカー代表選手が、男子代表との待遇の格差に対する不満から、同国サッカー連盟を訴え、上院がサッカー連盟に対して是正を勧告したという出来事がありました。(参考本:プロスポーツビジネス-私たちの成功事例-

このニュースは、アメリカのスポーツ紙のみならず、大手新聞紙でも大きく報じられたことで、「男女格差」という社会問題への関心が高まり、問題解決への動きへも繋がりました。

これは一例にすぎませんが、このようにスポーツには、社会問題の解決にも貢献できる力があるのです。

「世の中を幸せにすること」には、この要素も入っており、

スポーツを一つのツールとして、アクションを起こし、世の中に貢献していきたいと思っています。

明確な細かいビジョンを抱くことはもちろん大事ですが、もっと大きなビジョンを考えて、ブレイクダウンさせていくのも一つの手です。

そこから、今やるべきことを見つかるきっかけになればいいかな、と思っています!

 

少し堅いお話になってしまいましたが、読んで頂いている方々の何か考えるきっかけになればと思っています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!