具体的に何が学べるか

 

プラスクラスでは、もちろん軸はあるものの、自分次第でなんでも学べます。また、用意されている座学システムもあります。こうした学びを通して、社会人として、WEBマーケティング会社の一員として、しっかり成長ができます。以下に具体的な学習内容について述べます。

 
  • 座学 プラスクラスで働く上でSEO(検索エンジン最適化)に対する基本的な知識は必須となります。したがって、まず座学では代表の平地のSEO講座をマナビトオンライン(下写真)で見て、それを自分なりに解釈し、まとめてメンバーの前でプレゼンを行います。そして最後には、自ら「お金を生む」サイト(サービス)を考え、実際にサイトを作ります。以上の流れを通して、SEOの基本知識、プレゼンスキル、サイト制作のノウハウを学ぶことができます。実際のサイト作りは例えば下記の本を参考にして進めます。 ・WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアルヤフー!・グーグルSEO対策テクニック

 

manabito_lecture

 

  • 座学後 徐々にお客様に接する機会を頂けます。まずは社員の方々が取り組まれている案件の資料作成や市場調査等を行います。その働き次第では、実際にアポに参加し、お客様に提案する機会も頂けます。プラスクラスの特長でもある少数精鋭という形式ゆえ、抱えている案件は多くはありません。したがって、自分の行動次第で仕事がもらえるもらえないが変わってきます。ここでは、仕事をするということはどういうことか、という社会人としての根幹の部分を多角的に学ぶことができます。
  • ルーティン業務 社会人になればいわゆる「雑務」と呼ばれるルーティン作業も数多く存在します。一見、無意味なことと思うかもしれませんが、そのルーティン作業でいかに頭を使い効率化できるかを考えることも非常に重要です。したがって、プラスクラスでもインターンは定期的にルーティン作業を行っています。ルーティン作業を通して何を学ぶか、それはあなた次第です。
  • プレゼンバトル プラスクラスではプレゼンテーションを重要視しています。上記の座学だけにとどまらず、メンバー全員を巻き込んでプレゼンを行っています。プレゼンスキルの向上はビジネスマンとしてのスキル向上そのものです。柔軟な思考力も養われるこの体験は、必ず大学での活動にもプラスになると思います。

 

presentation_battle 

 

自分次第で何でも学べる場所

 

具体的な仕事内容を述べてきましたが、総じて言えることは「自分次第で何でも学べる」ということです。例えば、座学をしている途中でも、社員の方からニーズが上がれば、挙手制(メールでの早い者勝ちなど)でお客様と直接仕事をすることもできます。

 
また、座学後は、自分の挑戦してみたいことをプレゼンすれば、その内容の質次第では、なんでもGOサインを頂けます。さらに、給料も自分で交渉できます。今回、これだけのお金を生み出したから、インセンティブとしてこれだけほしい、や、時給をこれだけ上げて欲しい等、どんどん交渉することを代表の平地は歓迎してくれます。
 
この自由度こそがプラスクラスの強みでもあり、大変なところでもあります。
 
自由であるということはそれだけ責任も伴います。何もしなければどんどん取り残されてしまいますし、成長もできません。日々、挑戦的に主体的に仕事をしたい!という方こそ、プラスクラスで成長できると思います。
 
興味を持たれた方は、ぜひ下記よりご連絡下さい!
 

requirements_plus-class