プラスクラスに入ったきっかけ

 

プラスクラスに入ったきっかけは、「この環境なら必ず成長できるし、スポーツ界に貢献できる」そう感じたからです。
僕は大学を卒業後、スポーツ業界で活躍していける人財になりたいと思い、
バンタンスポーツアカデミーという専門的な学校に入学しました。
そこでは、大手スポーツメーカー、プロスポーツクラブ、大手広告代理店、マネジメント会社など
様々な業種の方に講義をして頂き、学ぶことができます。
その中で、デジタルの分野の授業の際に講義をしていただいたのが、代表の平地であり、そこが出会いでした。
講義を受ける以前も、デジタルの分野には興味があり、社会背景からも今後絶対的に必要な分野だとは感じていましたが、
講義の中でスポーツ界がデジタルの活用をできていない現状や、今後のデジタルの重要性をさらに感じることができ、
プラスクラスの事業内容にもとても関心を持ちました。 また、事業内容だけでなく、平地の人間性にも惹かれました。

これは、インターンを始めてからより惹かれたのですが、平地はとにかく「イケている」のです。
何がイケているかというと、仕事への姿勢、人との関わり、私生活、私服、、とにかく全てがイケています。
これは、常に向上心を持ち、日々成長するために、努力し続けているからこそだと思います。
「仕事も生活も豊かでありたい」 こう思っている僕にとって憧れる存在です。
そして平地だけでなく、社員・インターン皆がこのマインドを持ち、常に向上心を持ちながら、日々成長するために努力している姿を見て、
この環境で働きたい!さらにこの気持ちが高まりました。
そのような中で、様々な良いタイミングが重なったことで内定をいただくことができ、入社に至りました。
運命だと感じたくらいのタイミングの良さでした。

 

「インターン希望生へ」

 

プラスクラスは、まだまだ小さい会社です。
しかし、社員・インターン皆のマインドは高く、常に前のめりで生きています。
僕は、そんなプラスクラスという一つのチームの中で、個人のスキルを向上させていくことはもちろん、
チームが勝つための僕自身の役割はなんなのか、そしてどういう行動を取り、どう活躍していけばいいのか
このようなことも考えながらチームに貢献していける人財になっていこうと思っています。
努力することで、必ず成功しなくても必ず成長していきます。
小さい会社だからこその責任もありますが、新卒だろうと一人の貢献は、会社に大きな影響を及ぼすことができます。
自身のためにも、会社のためにも、周りのためにも 努力することで日々成長し、プラスクラスに貢献していきます!

プラスクラスには熱い想いを持った人たちがたくさんいます。
プラスクラスに興味を持って、最後まで読んでくれたあなた!
ぜひ、一緒に成長し、イケてる人財になりましょう!