こんにちは!

今週は、インターンの小野田がブログを書きます。

先日、プラスクラスインターン会が叙々苑で行われました!代表平地とインターンがざっくばらんに話をすることができる食事会です。何度か、このブログでも書いています!

今回も、それはもう、美味しいお肉。お肉。キムチ。お肉。少し紹介しますね。

 

IMG_7409

 

IMG_7414

 

他にも、いろいろなお肉をごちそうになりました。プラスクラスメンバーの仲野が、ここで以前働いていた、ということもあり、盛大にサービスもしてくれました!ありがとうございます!

もう、満腹です。大満足。。。

 

本ブログで言いたいことは、ここからです。

大満足に食べました。もちろん、この後はお会計です。

僕は非常にかっこいいなと思うところなのですが、代表平地と食事に行くときは、例外なくインターンはおごってもらっています!

インターン会に限らず、ランチでも、いつでもです。僕は、かっこいいと思います。

 

そんな背中を見て育ったからか(笑)、僕も後輩とご飯にいくときはおごっています。同期にはおごりません。

極端に言えば、後輩とご飯に行って、「割り勘ね」という人の気持ちが理解できないくらいになっています。

 

面白い話をききました。僕の友人は後輩に一切おごることをしません。どうしてかを調べてみると、どうやら「おごられる」という経験をしてこなかったそうです。

「おごられる」行為をしてこなかった人にとって、「おごる」ことも、その人の常ではないのでしょう。

 

おごる人の心理、のようなページが、ネット上に散見されます。

・おごるのは、人の上に立ちたいから

・感謝をされたいから

など、なんだかネガティブな視点から書かれているものが多い印象を受けますね。

 

先輩がおごるべき、とは思いませんし、おごることは自己満足かも知れません。

でも、自己満足でいいのです。ファッションもそうだと思っていますが、自分がかっこいいと思うことは大抵自己満足だと思います。

「流行」というコトバ1つをとっても、どの年齢層にはやっているのか、という話になります。

自分がいいと思うものが、他人からは理解されないことなんかは多々ある、ってことです!

ですから、自分がいいと思ったらやればいい、と思っています。

考え方って、人それぞれですね。

 

生物学的な多様性を感じます。僕は理系です。

大学では、発生生物学を研究しています。

 

話が飛びましたか?(笑)

僕は「おごる」から、人の多様性を考えました。

みなさんは「おごる」から、何を考えますか?