こんにちは!インターンの粟飯原です。

今回は先日9/25(日)に秋田でウルトラマラソンを走ったときの話をしていきます。

まず、「ウルトラマラソンってなんじゃ?」という話からしますと、簡潔に言えば100kmを走る鬼畜レースです。

ランニングサークルで副幹事長をやっていることもあり、周りの皆に乗せられて出場してしまいました。

フルマラソンを2回完走したことがある僕ですが、さすがに100kmは想像がつかず、モチーベーションを持続させるのが難しいだろうということで、あることを行いました。

「サブ9(9時間を切ること)をしたらなんかご褒美お願いします!」とサークルのメンバーに宣言してレースに臨んだのです。自分でも少々せこい方法だな(笑)と思ってはいたのですが、それくらい不安に思っていたのも事実です。

 

さて、スタートしたのはAM 4:30。何と起きたのはAM1:30でした。こんな朝早くに起きてまでなぜ走らなければいけないのかと自問自答しながらもいざスタート。

start-night

 

フルマラソンとの違いは、初めから周囲に人が少ないことです。なんと5キロ地点で単独走となってしまい、ずっと寂しい気持ちで走ることとなりました。

そんな中、目標の5分/kmを少し切るくらいのペースで快調に飛ばし、迎えた37キロ地点。4キロで約200m登る坂道が目の前に現れました。

akita

 

坂道を見た瞬間にさすがにキツそうと思い、そのときに周りにいた2人に話しかけてみました。

「よかったら一緒に走りませんか?」

すると、お2人とも快く引き受けて下さり、共にこの山に挑戦することとなりました。

話を聞いていると、お2人ともウルトラマラソンを10回以上完走している強者(クリスタルランナーという)で、サブ9を余裕で達成している方たちでした。お話しながら走ると、やはりさっきまでの孤独感も紛れ、楽しく走ることができました。

3人でペースを引っ張りあいながら走り、50キロの中間地点で休憩をとったときにゴール地点で会おうということで別れました。

それからはまた単独走が続き寂しかったため、エイドと呼ばれる休憩地点で会う人、会う人に「一緒に走りませんか?」と呼びかけていました(笑)

そしてゴールがなかなか見えない中走り続け、きつかったのが80~85キロ地点。目標にしていたサブ9が達成できるかもというペースで走っていたため、このあたりが一番の正念場となりました。

そのとき、思い出したのが出発前にメンバーと交わしたご褒美(笑)。初ウルトラでサブ9は厳しいだろうと思っていたようですが、それを反骨精神と変え頑張りました。

そしてあと20キロだったのが、15キロ、10キロ、5キロと減っていき、ラスト1キロ。後ろから女性の方が来ていたということもあり、最後の力を振り絞ってラストスパートをしました。

そして、ゴールタイムは8時間53分。目標のサブ9を達成することができました。

ゴールしたあとは30分くらい放心状態が続き、生涯の中で精神的にも肉体的にも一番きつかった経験です。もう一生出たくないとも思いました。

しかしゴールしたときの達成感は何事にも変えられません。

nitensyo

 

この経験を経て、周囲の人たちのサポートのありがたみを感じました。

一番きついところで走ってくれたクリスタルランナーのお2人を始め、共に走った人々、そしてご褒美をくれると言って鼓舞してくれたサークルのメンバー、エイドで飲み物や食べ物、エアーサロンパスなどを提供して下さった秋田の人々など、サポート無しではサブ9はおろかゴールすることもできなかったと思います。

ランニングといえば、孤独で走るという単純な行為だと思っている皆さん。

ウルトラマラソンまでとは言いませんが、練習して42.195キロのマラソンに走り、この達成感とありがたみを味わってみませんか?