みなさん、おひさしぶりです!
プラスクラスインターンの松原です!

今回はプラスクラスに関することではなく、
プラスクラス以外での僕を語る上で大切なキーワード、『日本酒』の雑ウンチクを披露したいと思います(笑

スクリーンショット 2015-11-25 14.45.04
日本酒は日本人が昔から飲んでいて、馴染みのあるお酒なのは間違いないのですが、
実は日本人が最初に飲んだお酒は日本酒ではないと言われています。

では、「日本人が最初に飲んだお酒」とは一体なんでしょう?

せっかちなので、勿体ぶらずに答えます。
実は、、、ワインなんです!!!しかも縄文時代です。

ただ、現代人が飲んでいるような黒葡萄や白葡萄で造られたワインではありません。
山葡萄で造られたワインです。

小学生の頃山に入ってよく食べてました、山葡萄

葡萄には糖が含まれているので、あとは酵母菌があればお酒になるのですが、酵母菌は微生物なので目には見えません。
縄文時代の人々が酵母菌さえも見える眼力を持っていたのかと言うと、そんなはずもなく。

酵母菌は自然界にごくごく当たり前に存在しているのです。
それが勝手に葡萄の川に付き、葡萄潰したらたまたまできた。そんなところでしょうか。

実際に発掘現場では縄文土器に山葡萄のカスの化石が付着したものが出土しています。
その後の弥生時代には稲作とともに酒造りが大陸から伝わったと言われています。日本酒のルーツはそこからです!
稲作が伝わってなかったら、Japanese sake ではなく Japanese wine になっていたかもしれませんね!

今日のところはここまで(笑

つらつらとウンチクを述べてしまいましたが、僕が何をお伝えしたかったかというと、
プラスクラスのインターン生はサーフィン、フットサル、バンド、そして日本酒と多趣味な人が多いということです。

強引につなげましたが(笑、
今後続きもお伝えできればと思っています!!

日本酒好きの松原でした。