こんにちは!プラスクラスの小野田です!
慶應大学 理工学部の3年生で、生命情報を専攻しています。

いきなりですが、どうやらこの1年間は実験がものすごく大変なようで…
(理系の方は共感いただけるかと)
でも、忙しいことは楽しいですし、幸せですよね!

今回のブログは、忙しい中でどうインターンをしていくか。
僕が感じた些細なことですが、ブログに書こうと思います。
「インターン」特に「長期インターン」を調べたことのある方は、よく目にしませんか?

インターン募集条件:週に3回以上、1日6時間以上 出勤できる方

実際、時間的条件を満たせず面接に落ちた理系の友人がいます。
その人のやる気はあるのに…と思いながらも、
出勤できないようではやはり企業側も採用しにくいのだと思います。
僕は正直、今年度は多くても週に2回の出勤が限界で、時間もフルタイムではありません。
夕方からの出勤も少なくないです。

affected01

 

ですが、会社の仕事やプロジェクトは常に動いています。なので、

・学校の授業やレポート作成
・サークルの活動
・友人とご飯
・家族と過ごす時間, etc…

これらの生活の中でインターンの仕事もしていく事が求められます。

今までのんびりやっていたことも、効率化を図るようになりましたし、
タイムマネジメントの重要性を考えさせられた4月の始まりでした。

それと同時に、今この時間をより密なものにしようと思っています。それは、

学校の授業なら、一定時間内に理解を深めることで、
サークル活動なら、よりその活動を楽しむことで、
家族と過ごす時間なら、めいっぱい会話をする時間かもしれません。
インターンブログなので、インターンの話で締めくくりますが、

インターンなら、オフィスにいる時間を密にしようと思います。
オフィスにいる時間が少ない分、誰よりも密な時間を過ごせば、上記のようなインターン募集条件なんて関係無い!と考えています。プラスクラスはそんなわがままを理解してくれる会社です。
以上、小野田の決心でした!
こんな僕らと一緒に働いてくれる方、熱意のある方を募集しています!