ENTRY
×

インターン採用サイト

ラスクラスの
カルチャー

社内イベント

プラスクラスでは様々な社内イベントが定期的に開催されます。ここでは、全社的な取り組みである納会について紹介します。

年に1回、期末(11月末)に開催される納会では、その期の決算報告がメインで行われ、

  • ・会社がどんな事業を進め
  • ・そこでどんな収益があり
  • ・今後どのような方針で会社が進んでいくのか
などを代表平地が全メンバーに向けてプレゼンします。

全社的に行われるこちらのイベントには、もちろんインターンも出席し、座学期間中で会社の案件に関わることが多くない新人インターン生でも、会社の一員であることを実感することができます。

納会では、その期を通じて

  • ・最も活躍し会社に貢献したMVP
  • ・最も印象的だったMIP
  • ・最も裏で会社を支えてくれたBBSP(Best Back Support Player)
など多くの表彰も行われます!

まだ学生であるインターン生にとって、実際の企業の決算報告や収支報告に立ち会えることは非常に貴重な経験になりますし、表彰式ではインターン生が表彰されることもあります。実際に第6期、第7期と2期連続でインターン生の受賞者が出ています。

プラスクラスの精神は“社員もインターン生も立場は同じ”。そのため、表彰などの評価も同じ基準で行われています。

社員さんとの距離

日報制度

インターン概要にもあるように、インターン生は出社した日の最後の仕事として日報を書きます。どんなスケジュールで1日を過ごしたか、その日の業務から何を感じたか、などを文章にまとめ、全メンバーに送ります。

それに対して社員の方や先輩インターン生から直接フィードバックがきたり、そこからコミュニケーションに発展したりと、社員の方や他のインターンメンバーともオープンにやり取りできる環境が整っています。
また日報を作成することによって、自分自身の学びを言語化し、その日学んだことをより深くインプットすることができます。

オフィスの雰囲気

こちらが、プラスクラスのスポーツ愛溢れるイケイケオフィスです。

常に、バスケ、野球、サッカーなどのスポーツ中継が共用ディスプレイに流れています。 いくつもデスクがありますが、基本的にインターン生のデスクは決まっておらず、出社した時に空いているデスクを使用します。そうすると、社員の方のデスクが隣や目の前にくるので、業務に取り組む上でわからないことがあれば、すぐに質問できる環境になっています。また、オフィスでは、業務以外の気になることや趣味についてなど、プライベートの話題もよく聞こえてきます。

もちろんオフィスらしい緊張感はありますが、雰囲気は明るく、メンバー全員がオンとオフを切り替えながら仕事に取り組んでいます。

ランチ

ランチは基本的に行ける人全員で行きます。社員の方と一緒に行くことも多いので、ランチも重要なコミュニケーションの場になっています。(オフィスが赤坂見附の近くなので、美味しいお店がたくさんあります!) 美味しいご飯を食べながら、社員の方や他のインターン生ともお話できるランチタイムは 楽しく、貴重な時間です。

インターン主体の
取り組み

インターン企画イベント

先ほど紹介した社内イベントとは別に、プラスクラスには、インターンが運営するイベントが多く、また、インターン生発案のイベントが採用され社内イベントに発展するケースもあったりします。

なぜ学生であるインターンがそこまでできるのか?なぜそこまでさせるのか? インターン生にイベントの企画&運営が任命される理由はちゃんとあります。 実は、イベントのオペレーションというのは“仕事そのもの”なんです。 企画、スケジュール管理、社内外連絡、当日の段取りなど、仕事のノウハウが詰まりに詰まっているのがイベントオペレーションです。 それをインターン生のうちに経験できるので、いち早くビジネスのイロハを総合的に体感することができます。

では、そのイベントをいくつかご紹介しましょう。

BBQ

プラスクラスでは春と夏の2回、全社BBQが開催されます。 このBBQはインターン生発案のイベントではありませんが、 場所、日時、食材の調達、予算など全ての企画、 運営をインターン生が担当しているイベントです。

代表の平地がグルメなこともあって食材にはとことんこだわっており、 例年、プラスクラスのBBQのために「金舌」の方がお肉を調達してくださります。 金舌はプラスクラスのオフィス近くにあり、ランチなどでよく利用させていただいているお店です。その金舌の方とのミーティングのアポイントメントから実際の話し合いまで、 全てインターン生主導で行っています。

今年のBBQでは「金舌」の方がお肉の提供をしてくれるだけではなく、 目の前でそのお肉を焼いてくださって、BBQが出張ダイニング状態に。。 毎年大盛況のイベントとなっています。

球技大会

この球技大会は、あるインターン生が発した一言がきっかけで、発案することになりました。

具体的にどこで、何をやるのか、イベント内容を考え、全員の都合が合う日時を探すため社員の方々のスケジュールを確認し、実現できるイベントとして企画します。 そこから内容を詰めて代表に話を通し、承諾を得て実現されました。もちろん、これらのミーティングも全てインターン生主導で行われています。

ひとつのイベントを企画から実施まで先導して取り組むということ自体、あまり学生のういちには経験できませんが、それを会社全体を巻き込んで開催する、という経験は学生であるインターン生の枠を超えて、社会人の一員として貴重な経験になります。 このようにプラスクラスでは、様々な場面で社員の方やインターン生との間に隔たりがないオープンな環境を感じることができます。 “社員もインターン生も立場は同じ” というプラスクラスの精神を肌で感じることができます。