ENTRY
×

インターン採用サイト

CONSULTANT

WATANABE ASAHI

邊旭

2019年4月入社

産業能率大学情報マネジメント学部卒

「なぜプラスクラスを選んだのか」

僕がインターンを選ぶ際に大切にしていることは直感です。
『あ、ここなら成長できそうだな。』 面接を終えてそう感じました。
オフィスの空気感や社員さんの様子などからもそう感じ取ることができましたが、
何より面接の際に”夢”について聞かれたことが1番の要因だったと思います。
僕は他にもいくつかインターンに参加してきましたが、他の会社では聞かれたことはありませんでした。
なので、事前のメールで面接の際”夢”について話してくださいと言われた時は驚きました。
と同時に、『ここは僕の夢を聞いてくれるのか!ここなら自分の夢に向かって頑張れる!』と思いました。
面接の際も、自分の夢に賛同してくれたり意見してくれたりして、この直感は間違っていなかったと思いました。
その直感を大切にしてプラスクラスに入社しました。

「プラスクラスの特徴」

積極性

先ほども述べましたが、僕はいくつかのインターンに参加してきました。
それらは全て仕事が用意されており、その仕事を消化していくものでした。
しかし、プラスクラスでは用意されていません。何もしなければ仕事は何もない。
自分から取りに行ったり探しに行ったりすればたくさんある。
そんな環境がプラスクラスです。
積極的に成長しにいく人にとっては無限の可能性がある素晴らしい環境です。
指示待ち人間が1人もいない集団です。

フィードバック

プラスクラスでは、自分の1日の行動、業務、プレゼンなどあらゆることに多くの方からフィードバックがもらえます。
自分の行動のどこがよかったのか、どこに改善点があるのかなど、自分の行動を分析し、次に繋げることができます。
そして何より、他の人のフィードバックを見たり聞いたりすることができます。
他の人のフィードバックを当事者意識で聞くことでより成長しますし、
自分たちの仲間が今何をしてどういうフィードバックをもらったのか知ることができます。
ここまで多くのフィードバックをもらえる環境はなかなかありません。

インターン希望者へ
メッセージ

フロー状態って知っていますか?スポーツをしている人はフロー状態のことを”ゾーン”と言います。
ボールが止まって見えたり、ゴールが大きく見えたりするアレです。
フロー状態に入るには以下の条件があるそうです。
1. 目的がはっきりしている
2. すぐフィードバックがもらえる
3. 何をすべきかわかっている
4. 仕事のレベルが簡単すぎず、難しすぎない
5. 時間の感覚を消失する
プラスクラスでは、この5つの条件全てが揃っています。
以前コンビニでバイトしていた際、1分がとても長く感じて、
バイトが終わった時は『やっと終わった〜』と言っていました。
しかし、ここではあっという間に時間が過ぎます。気づけば終了時刻になっています。
決して簡単な仕事ではありません。一生懸命頑張ればできます。仕事のレベルが丁度いいので、これだけ熱中できると思います。
仕事に熱中できるので、もっと頑張ろうと思えます。もっと頑張るから成長できます。成長するから、自分の夢に近づきます。
必要なのは成長意欲だけです。
僕たちと一緒に頑張りませんか? お待ちしております。

応募する

邊旭

第6期生

2019年4月入社

靖哉

第6期生

2018年4月入社

原大地

第3期生

2017年1月入社

野翔也

第4期生

2016年4月入社

貝基

第1期生

川貴佳史

第6期生

林将也

第7期生

藤恭輔

第7期生

村峻大

第7期生

飯原隆司

第5期生

郷雄介

第4期生

越和志

第3期生

地大

第3期生

野田海道

第2期生

卓矢

第1期生

上舜平

第1期生